脱毛こらむ

日焼けしてると脱毛できない?



日焼けをしていると脱毛の施術ができない、という話を耳にしたことがある人も多いことでしょう。生まれつき色黒の人は、それだけで不安になってしまうかもしれません。この話は事実です。なぜ日焼けしていると施術ができないのか、その理由を見ていきましょう。


1つは、日焼けをしているということは、肌が紫外線のダメージを受けているということですから、脱毛の機器による照射で肌トラブルを起こしやすい、という理由です。紫外線が肌に大きなダメージを与えることはよく知られていますが、その状態でさらに肌へレーザーや光を照射することになります。肌に吹き出物などができている時に化粧水や乳液を使ってはいけない、というのと同じです。肌が刺激を受けやすい状態の時は施術を避けましょう、ということです。もともと色黒の人は、肌トラブルを起こしているわけではありませんが、施術ができない人もいます。その理由は後述しますが、まずはサロンで照射テストを受けるなど、相談してみることをお勧めします。


2つめは、脱毛機器のレーザーや光が、黒色に反応するからです。黒色に反応するからこそ、黒いムダ毛にダメージを与えることができるわけですが、肌が黒いと、その黒にも反応してしまいます。本来白い肌に生えているムダ毛にだけダメージを与えたいのに、肌が黒いと肌にまでダメージを与えてしまうというわけです。これによって肌がトラブルを起こしたり、火傷をしてしまったりします。もともと色が黒い人も、こういった理由によって脱毛を断られることがあります。



日焼けは、脱毛の施術を受けた後にも注意しなければなりません。施術の前には気を付けていて、施術の後すぐに海に行く、などということはできません。施術の後は肌が敏感になっており、紫外線の影響を受けやすくなっているからです。


施術後は脱毛した部分は日にあたらないようにしなければなりません。夏に腕の脱毛をするなら、長袖で過ごすことになりますので、そのつもりで予定を立てましょう。"