青森コラム

要ダイエット!青森、男女ともに小中学生肥満率全国1位!


青森は、ふくよかな...、かっぷくのいい...子供が多いなぁ...と思ったことはないでしょうか。ずっと青森に住んでいると分からないかもしれませんが、他県と比較するとみえてきます。


なんと青森県、男女ともに小中学生肥満率全国1位なんです。


文部科学省が実施している「全国体力・運動能力、運動習慣調査」があり、その中の男子小中学生肥満率ランキング、女子小中学生肥満率ランキング。で1位です。


何をもって肥満傾向児とする...という話ですが、日本学校保健会の「児童・生徒の健康診断マニュアル」というものに定義されています。


性別、年齢別、身長別に標準体重があり、そこから肥満度を求めます。肥満度の計算式は、(体重?身長別標準体重)÷身長別標準体重×100


これが、プラス20パーセント以上だと肥満傾向児です。ただ、20パーセント以上でもひとくくりではありません。


●肥満度が、20パーセントから29.9パーセントが、軽度肥満。
●肥満度が、30パーセントから49.9パーセントが、中度肥満。
●肥満度が、50パーセント以上が、高度肥満。


肥満は肥満でも、3段階あるんですね。高度だけは避けたいところです。


ちなみに、肥満の逆にも段階があります。ちょっとみてみると、


●肥満度が、-19.9パーセントから19.9パーセントが、正常。
●肥満度が、-29.9パーセントから-20パーセントが、やせ。
●肥満度が、-30パーセント以下が、高度やせ。


高度やせって、ちょっとへんなネーミングですね。子供で、あまりに痩せていると太っているより、心配です。


ちなみに、 女子小中学生肥満率ランキングの下位の県をみてみるとちょっと面白いです。


●43位が大阪府。
●44位が三重県。
●45位が滋賀県。
●46位が兵庫県。
●47位が京都府。


関西に固まってますね。大阪なんて食い倒れの街なので、子供も一杯食べそうなんですが...。


関西の方は、言葉がきついので、太っていると、結構ズバッと指摘してくるんでしょうね。子供なんて特にそうです。いろいろ言われるのがいやで、太り気味の子がいたとしても、自然と改善されていくんでしょう。もしかしたら、明確にダイエットをはじめている子もいるかもしれません。


都会のほうが容姿に敏感だというのもあります。小学生で脱毛をする子もいますからね。脱毛している子からしてみれば、肥満なんてありえない話なんでしょう。


青森県だと、おおらかな人が多く、太っていても、あたたかく受け入れてくれそうです。まわりから何もいわれなければ、痩せる意味が無い。ダイエットしようという気にもなりません。食べ物も美味しいですしね。


青森と関西...、そんなに違うの...と思っちゃいますが、最下位京都府が、 女子小中学生肥満率5.15パーセントのところ、青森県は、11.65パーセント。倍以上も違っています。地域によってはっきり差があるんですね。
※ちなみに全国平均は、7.70%です。


肥満率が高いのがいいことなのか、悪いことなのか。子供がよく食べることは、そんなに悪いことだと思いませんが、肥満になるほど食べ過ぎるのは、やはり問題です。青森というと、肥満の子供...なんて、不名誉なイメージが付く前に、改善させたいところです。