青森コラム

青森県人は、炭酸飲料大好き?!炭酸美容、炭酸脱毛とは?

飲物は何が一番好きでしょうか。お水、お茶は当然として、コーヒー、牛乳、果物のジュース...外せないのは、炭酸飲料水です。


のどがカラカラの時、自販機でコーラとかソーダー系の飲料を買って、フタを開ける。プシュ!一気に喉に流し込む。は?...。あのシュワシュワがたまりません。炭酸には、中毒.にさせる何かをもってますね。


この炭酸飲料、日本一飲んでいるが、青森県人なんです。総務省の家計調査(平成21年から23年の平均)では、一世帯当たり炭酸飲料の支出は6,021円!これは、全国1位の数字です。


他の県もそんなに、変わんないんじゃないの...と思っちゃうところですが、これは断トツの数字。2位の札幌市は、4,614円。1,000円以上の差があります。


ちなみに、炭酸飲料の消費量が多いのは、北海道、東北で、少ないのは、九州、西日本となっています。不思議ですね。寒い地域より、暖かい地域の方が、炭酸飲料の消費量が増えそうですが、結果は、逆です。


実は、炭酸飲料がよく売れるのは、気温が28度までで、それをを超えるとお茶、スポーツドリンク、ミネラルウォーターの方が選ばれるそうです。


青森県は、8月の一番暑い時期でも日最高気温の月平均気温は、28.4度。炭酸飲料が売れる条件にあっています。
※ミネラルウォーターの消費量は、最下位が青森。


なるほど...少し分かりますね。真夏の暑い日...水分補給を目的に、飲物を買うときは、水やスポーツドリンクの方が、目的にあっています。


炭酸は、コーヒーみたいな嗜好品に近いのかもしれません。


炭酸には、糖分がたくさん入っている炭酸飲料以外に、無糖の炭酸水もあります。炭酸水を利用した、炭酸美容コスメなんてものもあります。


炭酸で美容...?という話ですが、炭酸水は、お肌に良い働きをしてくれるんですね。炭酸にある美容作用といえば、


●血流をよくする!


溶けた炭酸ガスがお肌に浸透すると、毛細血管が拡張します。そのことで、血流量が増え、酸素や栄養素が、肌細胞の隅々まで届きます。

なり酸素や栄養が肌細胞の隅々まで行き渡る


●酸素供給量が増える


二酸化酸素がお肌に取り込まれることで、体が、酸素不足感じます。そうすると、末梢組織への酸素供給が増えるんだそうです。体の仕組みは、不思議です。


●肌浸透率がアップする


炭酸は、分子が小さいという特徴があります。分子が小さいと、有効成分がお肌に浸透しやすく、栄養分がより届きやすいという状態です。


エステの中には、炭酸脱毛コースを開設しているところもあります。炭酸効果で、ケア後の肌は、すべすべに...なかなか、効果がありそうです。


青森県の人なら、炭酸飲料をよく飲むという方は多いでしょう。ただ、糖分がたくさんはいっているので、美容、健康の面でみると飲み過ぎ注意です。


飲む炭酸飲料を減らし、その分美容のために使う、炭酸水を増やすというのもありかもしれませんね。